レーシックの後遺症

レーシックの後遺症

片道切符の島流し

まさか自分が失敗するとは思ってもいなかった

コンタクトレンズの煩わしさから解放される、目の視力が本来の見える状況になって、普通に過ごせると思っていたが、まさかこんなにも後遺症が辛いとは思ってもいなかった

クリニックでは、良い話や内容だけ説明を受けて、いざ蓋を開ければ、視力は見えるようになったが、目の圧迫感や見えすぎによる頭痛や吐き気が止まらない

もう仕事どころでは無くなってしまった
人生が破壊されてしまった

一時期は自殺も考えたが、死ぬに死にきれない

何故このような目になったのか、一体この世はどうなっているのか

そもそも、受けた私が悪いと言われればそれまでだが、目をレーシックで破滅させる行為で、これ程までに人生を終焉させて、後は知らない振りとはいささか許すことはできない

繰り返すが、レーシックで目がいかれると、とてつもなく生きているのが辛い

目が握りつぶされるような痛みが続き、二度と元に戻せないことを思い知らされた

広告を非表示にする